学校経営計画及び評価plan

めざす学校像

農業教育の持つポテンシャルを最大限に活かし、生徒一人ひとりの夢をカタチにできる、“感動とトキメキの学園”をめざす。

  1. 基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図るとともに、これらを活用して課題を解決するための思考力、判断力、表現力などを身に付けさせ、主体的に学習に取り組む態度を育む。
  2. 生命と人権、自然と環境を大切にする態度を育むとともに、自らを律することができる規律・規範を身に付けさせ、心身の健やかな成長を支援する。
  3. 豊かな勤労観や職業観を身に付けさせ、将来の夢や目標を形作り、進路を自ら選択・決定する力を育むとともに、農業の担い手や関連産業で活躍できる人材を育成する。
  4. 様々な機関等と連携した広がりのある教育の構築により、学校の有する施設・設備や生徒の活動成果等を府民に還元するなど、農業教育のセンター的機能を果たす。

 平成29年度 学校経営計画及び学校評価

・「平成29年度 学校経営計画及び学校評価」

 

平成28年度 学校経営計画及び学校評価

・「平成28年度 学校経営計画及び学校評価」

 

平成27年度 学校経営計画及び学校評価

・「平成27年度 学校経営計画及び学校評価」

ページの先頭へ