学校長あいさつgreeting

真鍋政明校長
校長だより

皆様こんにちは。
校長の真鍋政明です。 よろしくお願いいたします。
本校ホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

本校は、本年度、創立100周年を迎える歴史と伝統のある農業高校です。
これまで、約13,000人以上の卒業生を輩出し、その多くが、農業はもとより、様々な分野で活躍されています。

現在、ハイテク農芸科、食品加工科、資源動物科といった、いずれも特色ある3つの農業学科を設置し、約9万m²の広大な敷地での学びの中で、生徒たちは、生命や自然の尊さに触れ、人と環境を大切にする態度や感性を育んでいます。
また、豊かな勤労観や職業観を身に付けることができる、ユニークでとても高い教育力を有する農業高校です。

本年度も、次の4つを中心に、学校の教育力の向上を務めてまいります。

  1. 個に応じた確かな学力の定着を図り、実業教育で職業観を養い、同時に「豊かな心」と「生きる力」を育成する。
  2. 農業クラブ活動等で、様々な機関等と連携し、広がりのある教育を展開し、校内と校外との両方の実習活動等を通じて、生徒を育てる。
  3. キャリア教育を充実させ、新たな進路先を開拓し、将来に夢を持ち関連産業等で活躍できる人材や農業の担い手を育成する。
  4. 農業教育のセンター校的役割を果し、生徒の活動成果等を府民に還元し、食と農、緑と環境保護等、農業への理解を広める。

また、昨年10 月に第67回日本学校農業クラブ全国大会を、本校をはじめ大阪国際会議場(グランキューブ大阪) などで開催し、全国から農業を学ぶ生徒・教職員約5,000人を大阪に招くことができました。
本校は、その事務局校として、生徒・教職員全員が一体となり、準備・運営あるいは、他校への指導的や役割を果たしました。全国大会の成功を通じ、本校が全国でもトップクラス農業高校であることを確信できました。
それらの様子は、第67回日本学校農業クラブ全国大会大阪大会のホームページでご覧ください。

さらに、昨年度から、みのり会(本校同窓会)の支援をいただき、創立100周年記念事業として様々な取組を進めているところです。
たとえば、正門の横には、「百年の丘」を造成し、アルパカやヒツジを放し飼いするエリアを新設するなどの教育環境の整備と教育力の向上あるいは、魅力ある教育を発信しています。ご期待ください。

ページの先頭へ