非常災害の諸注意disaster

本校生徒の安全確保

非常災害の発生に備えて避難訓練を行なうと共に日頃から、避難合図、避難経路、避難場所をよく知ること。

(イ)避難合図・・・サイレン(間断なく鳴らす)及び放送。停電の時は振鈴連呼。

(ロ)避難経路・・・授業担当教員が最寄りの避難場所に誘導

(持ち物等にこだわらず指示に従いしゃべらず、押さず、離れずに行動する。)

(ハ)避難場所・・・テニスコート前

災害時の対策

(イ)在校前の指示

台風の場合、大阪府内に「暴風警報」が発令されている間は、危険なので外出しないようにし、

テレビやラジオのニュース等に留意する。

・「暴風警報」が午前7時までに解除されている場合は、平常通り授業を行う。

・「暴風警報」が午前7時以降から午前10時現在までの間に解除された場合は、4限より授業を行う。

・「暴風警報」が午前10時を過ぎて、なお発令中の場合は臨時休校とする。

・「暴風警報」が解除されて登校する場合、通学途上の安全について充分注意すること。

・「特別警報」が発令中の場合、暴風警報に準じる。

・  大雨警報等の暴風警報以外の警報発令中の場合は、平常通り授業を行う。

ただし、当日の登校に危険が予想されるときは、学校に連絡して指示を仰ぐこと。

火災、地震の場合学校に必ず連絡して指示を仰ぐこと。

・  状況により始業時刻の変更、休校等の連絡を受ける。

(ロ)在校時の措置

台風・・・状況により授業を停止し、下校の措置をとる。

火災・・・本校防災計画表によって活動する。

地震・・・状況に応じ全員運動場に退避する。

光化学スモッグ対策

光化学スモッグが発生した場合緊急放送で知らされ発令の内容により旗を運動場に掲示される。

(イ)予 報・・・グリーンの旗

(ロ)注意報・・・黄色の旗

(ハ)警 報・・・ダイダイ色の旗

(ニ)重大緊急警報・・・エンジ色の旗

措 置

①屋外での過激な運動を避ける。

②うがい、洗眼をする。

ページの先頭へ