卒業生からのメッセージmessege

合格体験記(就職編)

平成30年3月卒業
大阪ビル管理(実験某物飼育)就職


私は自分の希望通りの進路を実現することができました。
私が進路実現するためにしてきたことは、特別なことではありません。渡した、、特別な資格を持っていなければ、成績が特別優秀なわけでもありません。では、なぜ私が希望した進路を実現できたかというと、理由はいくつかありますが、一つ目は日々の自習や授業を頑張ることです。小さな積み重ねですが、日々の実習を頑張ることで自分の成長に大きく影響し、進路実現に繋がりました。
二つ目は日々のテストを頑張ることです。成績が全てとは言えませんが、最低限の成績は必要です。そこで、テストは欠点を取らないように頑張りました。
三つ目は就職準備講座をしっかり受けて、面接練習を頑張ることです。面接当日は誰でも緊張してしまいますが、講座をしっかり受けることで緊張も最低限に抑えられ、自信を持って挑めました。
この三つも大事ですが、私は高校生活で何事にも全力で取り組むことが大切だと、学びました。私は、この事を就職しても活かして行きたいです。

平成30年3月卒業
太陽食品株式会社(食品製造スタッフ)就職


私が就職しようと決めたきっかけは、進学するとしたらを考えた時に、将来何をしたいのか、それには何を学べばいいのか自分は何を学びたいのかが分からなかったからです。ですが就職しても良い就職先に出会えるのか、またその就職先で頑張っていけるのかとても不安でした。そこで、先生方やハローワークの方に積極的に話を聞きに行ったり、不安なことを相談したりしました。その結果、応募前職場見学などを通して、自分のしたい仕事を見つけることができました。
就職活動をしているととても不安になりますが、学校での経験や就職活動、面接練習は自分の力になります。また、この農芸高校で経験したことは就職活動にとても役に立ちます、就職活動では自己PRや自分の長所を考えることがあります。その時に学校で部活や団、生徒会などの経験を積んでおくと自己PRを書く時に役に立ち、色々な経験を積むことより自分の長所を見つけることもできるのです。そして就職活動の一環でもある面接練習は、はじめはとても緊張して上手く行かないこともあります。ですがたくさん練習することにより、本番ではあまり緊張せずに面接することができました。今はまだ進路が決まっていない人や不安な人もいるかと思いますが、先生などに相談して悔いのないように精一杯頑張ってください。

平成30年3月卒業
社会福祉法人恵生会(生活支援員)就職


私は高校に入学した時から、卒業後の進路は就職しようと考えていました。進学も就職も成績は絶対に必要だと先生にも言われていたので、勉強や日々の実習、就職模試など、どんなことも一生懸命に取り組みました、私は今まで農業に関わったことがなく、入学後、実習や座学を通して農業について学ぶことで、農業の楽しさを知りました。そこで、卒業後は農業に関わる仕事がしたいと思いました。
就職準備講座が始まり、学校に届いた求人票を見て、興味を持った企業へ職場見学に行きました。実際に作業工程や職場の雰囲気などを自分の目で見ることで、その職場をよく知ることができした。希望の職場を決め、たくさんの先生方に面接練習をお願いし、練習を重ね、当日を迎えました。本番は緊張もしましたが、学校生活でどんなことも懸命に取り組んだことで、色々な質問を受けてもすらすらと答えることができました。私は、何事もしっかり取り組むことは、必ず役に立つことをこの就職活動で学びました。

平成30年3月卒業
西日本旅客鉄道(プロフェッショナル採用【運輸】)就職


私は食品加工科に入学したので将来は食品関係の仕事に勤めると思っていました。しかし、2年生になって進路について考えた時、本当に将来したいことは食品関係の仕事ではなく子供のころから憧れていた電車の運転士になることだと気がつきました。
そうは思ったものの、農業科の学校なので鉄道会社の求人がなく一度は専門学校に進学しようか悩みましたが、担任の先生に相談したところ、求人票を貰ってきてくださいました。その恩に報いるためにも、絶対に合格するぞという気持ちで、周りの人よりもたくさんの先生に面接練習していただきました。そのこともあって本番の面接は落ち着いて自分の意見を話すことが出来ました。
私は学校で面接練習をしたこと以外、特別に何かしたわけではありません。毎日休まず遅刻せず学校に行っただけです。この努力が認められ内定をいただきました。
皆さんも将来のことで悩むことがあると思いますが、夢や自分のしたいことは絶対に諦めず頑張ってください。

平成30年3月卒業
大市珍味(食品製造)就職


高校を卒業してからは、働くと決めていて、花に関するか仕事がしたいと思っていたのですが、希望するような会社が無いとわかった時は絶望的な気分になりました。
でも、新しく会社を決め、試験で面接と筆記試験を受けましたが、後日に先生から「不合格」になった事を知らされました。すごく悲しくて泣いてしまいました。第二の絶望でした。しかし、先生方がすごく励ましてくれて次のステップに進める事が出来ました。
毎日進路指導室に行ってすべて一から初めました。たくさんサポートして下さって前向きに取り組むことが出来ました。
そして、新しく会社を決めて、面接を受けました。また後日先生に呼ばれて「合格」の通知が届いていてすごく安心しました。本当に良かったです。
絶望を繰り返しましたが、最後には良い事が起こってがんばった甲斐があったなと心から思いました。後は、卒業を出来るように普段の授業をしっかり受けて、テストなどを頑張ります。

 

合格体験記(進学編)

平成30年3月卒業
高知大学 農林海洋科学部 農林資源環境学科 進学


私は3年生の夏くらいまで就職を志望していましたが、学校紹介では思うような就職先がなく、職場見学をしないといけなくなったときに直感で、就職は無理だ!と思い、進学に切り替えることにしました。進路を以前から興味のあった大学に設定してからは、本当に多くの方々に支えていただきました。始めはなかなか受験勉強に身が入らず、一人で思い悩んでいたのですが、授業の中で勉強する時間をつくっていただいたり、先生が声をかけてくれたことで、大学に合格して、お世話になった人に恩返しがしたいと思うようになりました。そこから受験勉強や面接練習に一生懸命になり、「就職先がなかったから、進学を決めた」から始まったのが、「この大学に入りたいから、進学したい」という気持ちに変わりました。
大学にいけば、新たな学びや出会いがあり、今後の生き方についてじっくり考えることができるのではないかと楽しみにしています。皆さんも自分の望む進路に進めるよう、周りの人の力を存分に借りて頑張ってください。

平成30年3月卒業
公立長野大学 環境ツーリズム学部 進学


私は、将来自然に関わる仕事がしたいと考えています。そのため、フィールドワーク豊富な長野大学に進学を決めました。
大学には一年生のころから進学したいと考えていたので、評定を上げる努力や、資格取得、農クでの活動や会長としての活動にいそしんでいました。志望理由書などを書く際には時間はかかりましたが書けることが多かったのでたくさんの活動をしてきてよかったと思います。なので、興味を持ったことややりたいと思ったことは積極的に取り組んでみるとよいのではないでしょうか。
私が進路を決めたのは三年の夏休みでした。なかなか志望校が決まらず悩みましたが、やはり、パンフレットやホームページだけではわからないこともあると思います。なので、実際にオープンキャンパスへ行きホームページなどではわからない実際の様子などを見に行くのがよいかもしれません。また、進路選択が遅いと先生に迷惑をかけてしまいますが、自分の中で納得のいくまで悩むのがよいのではないかと思います。

平成30年3月卒業
明治大学 農学部 食料環境政策学科 進学


私は農芸高校に入学したとき、将来何をしたいか全く決まっていませんでした。やりたいことが決まっていないからこそ、勉強は成績を落とさないように頑張り、実習やプロジェクト活動に一生懸命取り組みました。プロジェクト活動を行っていく中で、将来の夢を見つけることができ、大学に進学することを決めました。受験に向かっているとき、「本当にこの大学を受験して良いのだろうか」・「進学したとしても、やっていけるのだろうか」という不安に駆られ、挫けたことが何回もありました。そんなとき、先生や友達に支えてもらったことで乗り越えることができました。
これから皆さんは進路に悩むことがあると思いますが、まずは自分ができることを一歩一歩やっていってください。一生懸命やってきたことは、あなたを明るい未来に導く手助けをしてくれます。努力次第で未来は変えられます。自分なりにできることを一生懸命やり、自分を信じて頑張ってください。応援しています。

平成30年3月卒業
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科 進学


私が最終的に大学を決定したのは9月でした。受験項目は、今まで取り組んだことがないものでした。私は、受験勉強をするためのルールを作りました。周りの人がどんな状況でも、自分が答えを間違えても、“焦らない”ことです。実際自分は、国語が苦手でしたが小論文では、参考書を読んだり、アドバイスを貰ったりしながら勉強していきました。焦ったりする時間は時間がもったいないです。落ち着いて取り組みましょう。また、面接では、日々の学びを振り返ることが大切だと感じました。自分が農芸高校で学んでいることは、普通校にはない学びがあります。各専攻での特色もあると思います。そこでの自分の学びを表現する練習をすれば、きっと伝わります。焦らず頑張れば大丈夫です!

平成30年3月卒業
龍谷大学 農学部 植物生命科学科 進学


私は2年の初めに進学を決意しました。しかし、家族みんな大学に行ったことがなくわからないことが多かったので私は先生を頼り何でも聞きました。勉強は家だと集中できなかったので進路室で勉強させてもらいました。放課後、休日、行ける日は必ず行って勉強しました。当時はいくら勉強しても身についている気がしなくて不安でしたが、終わってみると「必ず勉強する時間」はとても大切だと思いました。
結果として第一志望の大学に合格することは叶いませんでしたが、龍谷大学に合格しこれから自分はどうするのか考えました。そこで気づいたことは、学科も学べる内容も違うけれど、「環境に優しい農業に携わりたい」という私の目指す将来の道に繋がっていることに変わりはないのだということです。受験勉強はただ志望校に合格するためだけのものではなく自分の可能性を広げてくれるものだと私は思っています。無駄なことは決してないので自分が納得のいく将来に突き進んでほしいなと思います。

平成30年3月卒業
酪農学園大学 獣医学部 獣医保健看護学類 進学


私はもともと大学に行くつもりはありませんでした。希望の職業に就くには、専門学校で十分だと思っていました。しかし学校に来てくれた獣医さんやオープンキャンパスに行ったときに聞いた先生の話を聞いていると、男性の動物看護師は現在では数も少なく一生の職業とするには色々と不安定であることを知りました。その事実を知って私は将来に不安を感じました。本当に今の進路でいいのだろうかと。それから私は私の進路にとって専門学校がベストなのかを考え直すことにしました。そして当時の私が出した答えは大学に行き、考えられる限りの技術と知識を身につけることでした。私が本当に役に立つ看護師になることができれば不安はなくなると考えたからです。この答えが正しいかどうかはまだわかりません。しかしこの先私がこの決断を後悔することはありません。自分で考え、自分で決めたことだからです。この経験から私が言いたいことは、周りの意見に流されることなく自分の考えを大切にしてほしいということです。未来には不安も失敗もあると思いますが、自分で決めた未来なら乗り越えられると思います。

ページの先頭へ