資源動物科zoology

資源動物科 Zoology

資源動物科の活動日誌はこちら

家畜の飼育・繁殖に関する基礎、畜産物の製造加工や情報処理、生命と環境などの広い領域にわたっての専門知識と技術を学習し、畜産経営者・関連産業技術者を育成します。動物をほんとうに愛し、慈しむために、畜産領域に止まらず、広い視野に立って、動物のもつ資源の有効利用をめざす学習をしています。また、先端技術に偏るのではなく、自然界の秩序を重視する「農と食」から離れず、畜産経営農家とのつながりも大切にしながら学習を進めています。

資源動物科では、乳生産加工中小家畜総合環境ふれあい動物の各専攻(農業クラブ)に分かれ、学習を深めています。
*教育課程表は次のとおりです。クリックすると拡大します。右下の×で閉じてください。

資源動物科教育課程表

 

乳生産加工部

ウシについて、飼料となる牧草栽培から乳牛の飼養管理、搾乳などの酪農と、牛乳・ヨーグルト・アイスクリーム・チーズ・バターなどの乳加工品の製造まで一貫して学びます。また、近くの小学校を対象にとした「酪農教育ファーム」を行っています。

nyusei-1

nyusei-2

 

中小家畜部(養豚班・養鶏班)

ブタについて、交配から分娩、肥育、出荷、解体そして肉加工品の製造から販売まで一貫して学びます。本校のブタは、「農芸ポーク」として商標登録され、ブランド豚として「大阪産(おおさかもん)」に認定、百貨店での販売や企業と連携した商品開発を行っています。

ニワトリについて、卵のふ化から屠殺・解体、卵の販売まで一貫して学びます。生産したブタやニワトリの肉は、収穫感謝祭でも食されます。

tyusho-1

tyusho-2

 

総合環境部

動物飼育と作物栽培を耕畜融合させ、環境に優しい農業について、総合的に学びます。アイガモ水稲同時作によるお米と大阪伝統のカモ肉の生産から加工、流通までを行います。また、中学生を対象とした「食育教育ファーム」などを行っています。

sougo-1

総合環境部

 

ふれあい動物部

動物介在活動について、動物の飼育管理から「ふれあい教育ファーム」の実践まで一貫して学びます。アルパカをはじめ、ポニー・ヒツジ・ヤギ・ミニブタ・チンチラ・ウサギなど15種類の動物を飼養します。また、飼育した動物たちを移動動物園にも利用します。

アルパカ

ポニー

ページの先頭へ