☆10月11日(火)PTAジャム作り講習会が行われました。

このたび食品加工科の林田先生、上武先生、中山先生にイチゴジャム、イチジクジャムの作り方を教えて頂きました。エプロンに着替え食品加工室に移動し、初めにジャム作りの流れや材料等勉強しました。春に収穫してヘタを取り冷凍しておいたイチゴと果肉が割れてしまった等規格外のイチジクで農家さんから分けて頂いたもの(廃棄されてしまうものを活用→フードロス対策)を使用しました。生徒達の実習と同様に蒸気式の大釜を使用し皆交代でかき混ぜました。ペクチンでとろみを出し、クエン酸で色鮮やかなジャムに仕上げるということも勉強し実践しました。そして瓶詰め、缶詰の工程も経験しました。出来上がったばかりのジャムはとてもフレッシュで美味しかったですが1か月程置いておくとより味わいが出てくるそうです。
生徒達もこの様な実習を3年間行い貴重な体験を積み重ねていくんだなーと感慨深く、講習に参加できて本当に良かったと思いました。機会を与えてくださった農芸高校に感謝です。先生方どうも有難うございました!😊