こんにちは。酪農専攻Love and Beefです🐄

9月27日の夕方に肉用出荷されたヒナタ号は、翌28日に、と畜されて枝肉になりました。

そして先週の土曜日に、羽曳野市にある(株)良精畜産様にて、ヒナタ号の枝肉を見学させていただきました。

 

枝肉総重量は433.1㎏、想像以上の大きさで圧倒されました😲

 

枝肉の格付はB1で、ホルスタイン種の経産牛肉としては、良い評価をもらえましたが、皮下脂肪は少し黄色く感じ、経産牛ならではの濃い赤身肉が特徴的でした。

また、現場の方に『一般的に流通している国産牛肉(ホルスタイン種去勢)と比べて遜色ない』と褒めていただきました。

 

私たちは、今まで愛情を込めてヒナタ号を肥育してきたので、良い評価を得られて、とても嬉しく思います😳

 

ヒナタ号の肉のゆくえについて、農芸マザービーフ通信を今後も投稿していきます!

ぜひご覧ください。