【ヒナタ号のうんちっち💩テストからの解放~~~~~~

こんにちは。酪農専攻Love and Beefです。

今日で期末テストが終わりました!(^^)!

今回はヒナタ号のうんち💩について説明したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

人間は1日約200gのうんちをしますが、牛は1日約50㎏もうんちをしています。

投稿写真はヒナタ号のうんち(7月17日)です💩

肥育を始める前のうんちに比べて足で踏んだ際に少しネチョッとするようになりました。

 

うんちの硬さや水分割合などを5段階で評価できる糞性状スコアをもとに毎日ヒナタ号のうんちをチェックしています。

食べられたエサは消化管などを経て約1.5~4日かけてうんちとして排泄されます。

うんちは牛の体調を判断する1つの手段とされているので、毎日観察することが大切です💩

 

近年、家畜の糞尿処理が問題となっていますが、本校では飼育している牛のうんちを堆肥にして、飼料畑に還元する環境に良い循環型酪農を行っています🔃